小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡について〜歯科衛生士の立場から見て

小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡について〜歯科衛生士の立場から見ての記事を見に行く
小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡について〜歯科衛生士の立場から見ての記事を見に行く


小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡について〜歯科衛生士の立場から見て

小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡について

ロンドンからこんにちは。

パバンめいです。
今回は、小児歯科医院で虫歯治療後、2歳女児死亡について〜歯科衛生士の立場から見てについてです。

スポンサーリンク

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

歯科衛生士の立場から見て


※問題になっているニュースはコメント欄にて。
小児歯科の局所麻酔で2歳の女の子が死亡、正直驚きました。
基本的に局所麻酔で死亡するケースはあまり聞かない話なので、施術した歯科医師も想定外だったと考えられます。
まず、小児歯科というところからして一般歯科より子どもに慣れていると思う親御さんが多いのではないでしょうか?
我が子を歯科医院に連れて行くことが怖くなった!と思う親御さんの為に、親ができることを書き記しておこうかと思います。
口腔内を見ないと、2歳でもどうしても麻酔をして治療しないといけない状態だったのか、ということがわからないです。
ただ、できれば2歳だとまだ小さいので局所麻酔をしない施術ができれば…とは思います。
まず、局所麻酔をする歯科治療ということは少し深めの虫歯になります。
小さな虫歯ならば麻酔をしなくても削ってプラスチックを詰めることも可能です。
何が言いたいかと言うと、わたしは数えきれないくらい局所麻酔の診療補助についていますが、2歳の子どもにはハードな治療に感じます。
わたしは小児歯科では働いたことがないので、小児歯科ではどうなのかわからないですが一般歯科では2歳の子どもに局所麻酔での治療は見たことがないです。
我が子だったら局所麻酔をさせない選択を選びます。
局所麻酔をしないといけない歯科治療に至らないように日頃の歯磨きチェックをしてあげることで予防できます。
また、忙しくて子どもの歯磨きまで面倒が見れない場合でも、そこまで深い虫歯になる前に歯科医院に連れていけば虫歯予防をしてくれます。
例えば、小さなお子様にできる予防歯科の施術として
・定期検診(歯磨きチェックなど)
・フッ素塗布(2才になったころがフッ素のタイミング)
などです。
・シーラントの塗布(歯の溝を埋めて、虫歯菌の侵入を防ぐ処置)
・4歳〜5歳ころ…乳歯に
・6歳ころ…6歳臼歯に
・7歳〜8歳…生え変わった永久歯の前歯に
・9歳〜12歳…永久歯の奥歯に
個人的には、虫歯になってから治療をするよりも、予防歯科で虫歯になる前にお子様を歯科医院に連れて行けたらベストだと思います。
歯科治療は麻酔や削ったりと、大人でも怖い施術になりますが、予防歯科ならば痛い治療があまりないです。
また、セカンドオピニオンとして他の歯科医院に連れて行き、本当に局所麻酔をして治療をした方が良いかを確認することも良いかと思います。
#歯科 #歯科治療

スポンサーリンク

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)