東名高速夫婦死亡事故の犯人は?長女の証言と関係者の目撃情報!?

東名高速夫婦死亡事故の犯人は?長女の証言と関係者の目撃情報!?の記事を見に行く
東名高速夫婦死亡事故の犯人は?長女の証言と関係者の目撃情報!?の記事を見に行く

東名高速夫婦死亡事故の犯人は?長女の証言と関係者の目撃情報!?

今年6月に神奈川県東名高速で「追い越し車線」に止まっていたワゴン車に大型トラックが追突し、夫婦が死亡、15歳と11歳の娘二人を含む計4人が重軽傷を負う事故が起きました。

高速道路の追い越し車線に車が止まること自体非常識すぎて疑問を感じずにはいられませんでしたが、このたび事故に遭った長女が事故当時の様子を語り、全貌がすこしずつ明らかになってきました。

死亡された萩山さん夫婦の長女の証言と関係者からの証言、そして事件のきっかけを作った男性について探ります。

当時の様子

事故は6月5日の夜9時35分ごろに起きました。

神奈川県大井町赤田の東名高速道路下り線で、中央分離帯側の追い越し車線に前後に並んで停車していた乗用車2台に大型トラックなど車2台が相次いで衝突する事故があり、男女2人が死亡、4人が重軽傷を負った。

現場は片側3車線のほぼ直線。乗用車2台は一番右側の車線に停車しており、後続の大型トラックと乗用車が追突したとみられる。当時、萩山さん夫妻ら男女4人が車外にいて、事故に巻き込まれたという。

).push({});

この事故の本当の原因は、乗用車に乗ってた25歳の男。
事の起こりは海老名サービスエリアで、ワゴン車に乗ってた家族が乗用車の男に絡まれたのが始まり。

扉を開けてタバコを吸ってた男の車の脇を通る際、一言すみませんと声を掛けただけで
、その後嫌がらせが始まる。

サービスエリアを出た後も煽りや幅寄せなどの嫌がらせをされた挙句、最終的には追い越し車線で乗用車が覆いかぶさってワゴン車を停車させた。

男は夫婦を車外に引きずり下ろし、謝罪を続ける夫の胸ぐらを掴んで殴るなどの暴行を加えた。

その後、大型トラックが後部から激突。

トラック側に背を向けていたと思われる夫婦が搬送先の病院で死去。

トラックが向かってくる方を見ていた若い男は、現場にいた誰よりも軽傷。

真相はいかに。

まとめ

今年6月に東名高速で起きた夫婦の死亡事故について長女の証言から当時の状況が明らかとなってきました。

動画をみると通路をふさいでいた男性に対し萩山さんが注意したのは因縁をつけるでもなく当然の対応です。

それに激昂した男性が執拗に後を追い車を停車させ大事故となってしまいました。

娘2人は両親を一度に無くしてしまったわけです。

きっかけを作ったのは紛れもなく福岡県中間市の男性です。

現在警察は慎重にいきさつを進めています。